歯周病治療・予防歯科

トップページ»  歯周病治療・予防歯科

歯周病治療

歯周病治療

歯を失う原因の第一位は歯周病です。
歯周病は初期の段階ではあまり症状もなく進行していき、歯ぐきの炎症を起こし歯の周りの骨を溶かし、やがては歯が抜けてしまう怖い病気です。

歯周病は数種類の細菌が関与した細菌感染症で、プラーク(歯垢)が溜まることで、歯周病の進行を招きます。

歯ぐきのチェックを定期的にし、歯周病の初期の段階「歯肉炎」になっていないかを診てもらうようにしましょう。初期の段階で防ぐことによって、歯周病にならずにすみます。歯周病になってからでは遅いのです。

PMTC

PMTC

日本語に訳すと、「歯科医師・歯科衛生士などの専門家によって、様々な器具やフッ素入りペーストを用いて、全ての歯面とその周辺の歯垢(プラーク)を除去」するものです。

PMTCを行うことで、歯の表面をきれいにし、プラークに含まれる雑菌を落とすことによる虫歯や歯周病予防の効果があります。また、歯肉の腫れや痛みを抑え、苦痛緩和、歯の延命効果も期待できます。

美しい口元を取り戻すだけでなく、歯面にこびりついているバイオフィルム(ばい菌の巣)を取り除く事が出来、なおかつ、歯の表面を汚れのつきにくい状態にする為、定期的に行うことで、虫歯や歯周病の予防にもなります。

どんなに一所懸命にブラッシングしても、プラークは完全には除去する事は出来ません。
ちゃんと磨いてたはずなのに時期が来ると、いつの間にか虫歯ができているのは、そのためです。

そこでPMTCを行い、患者様では、なかなかとる事の出来ないプラークを歯科で除去してもらう事が必要になります。
ブラッシングテクニック等を教える事もPMTCの一環として行っています。

ホームケア(患者様が、自分で行う手入れ)とプロフェッショナルケア(歯科医院で専門的に行うPMTCなどの処置)、両方がきちんとできて初めて虫歯予防ができるのです。

 

ページTOPへ戻る
Contents
Calendar

携帯サイトQRコード

自由診療につきましては、カードでのお支払いが可能です。